So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

「暴力団と交際」木瀬親方、理事会で認めていた(読売新聞)

 昨夏の大相撲名古屋場所の維持員席で暴力団幹部が観戦していた問題で、チケットの手配にかかわっていたとして日本相撲協会から相撲部屋閉鎖と委員から平年寄に2階級降格の処分を受けた木瀬親方(40)(元幕内肥後ノ海)が、5月27日の理事会で、「3年前まで暴力団と交際していた」と交遊を認めていたことが12日、複数の相撲協会関係者の話で明らかになった。

 相撲協会は理事会後、記者会見を開いたが、木瀬親方の暴力団との交際を確認したのかという質問には明確に答えなかった。親方は協会の内部調査にも「暴力団と交際していた」と証言していたが、この事実も相撲協会は公表しなかった。

 木瀬親方はこれまで、報道陣には暴力団との関係を否定しており、読売新聞の11日の取材に対しても「何もない。全くない」と語るにとどまった。理事会で親方は、「暴力団にチケットが渡ることも知っていたのではないか」との追及に対し否定したが、この信ぴょう性も問われそうだ。

 この問題で責任を問われたもう一人の清見潟親方は「けん責」にとどまっており、処分に大きな落差があったが、その判断は暴力団との交遊の有無で分かれたと見られる。内部調査が報告された後、理事会は外部役員から「交際を自白したのだから、解雇が妥当」との主張が上がるなど、厳罰の方向に傾いたという。

 親方衆からは「師匠の資格を問うべきだ」との意見が出た。結局、「不当解雇」などの訴訟を懸念した協会が解雇を見送った。この問題では文部科学省が相撲協会に7月の名古屋場所までに調査を終えるよう指導している。

夏場所でも組長が観戦 大相撲(産経新聞)
クマに“お仕置き” 人と共生へ秘策(産経新聞)
国会延長、政府・民主党内の意見が二分(読売新聞)
はやぶさ、地球帰還=豪州砂漠にカプセル落下−小惑星の砂に期待・宇宙機構(時事通信)
隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)

民主代表選 菅氏「無限に借金が増える方向ただす」(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相が3日、民主党本部で行った出馬表明会見の要旨は次の通り。

 鳩山政権、4年間しっかりと活動して国民の期待に応えてほしいと思っていただけに、8カ月余りで鳩山由紀夫首相が辞任されることは本当に残念でならない。しかし同時に、首相は自ら辞任し、さらに政治とカネの問題で同じように国民から不信を招いている幹事長にも辞任してもらう形で、新しい民主党への扉を勇気を持って開いていただいた。

 私にとっては鳩山首相は、よきライバルであり盟友だった。新しい民主党への扉を開いてもらった先に、これぞ本来の民主党と言えるような民主党を作らなければならない。

 −−首相になったら日米、日中関係はどう取り組みたいか。

 日本外交の基軸が日米関係にある。この大原則はその通りだと思っている。同時にアジアの発展は歴史的にも最もすばらしい時期を迎えている。米国との信頼関係をしっかり維持しながら、同時にアジアの中で最も日本との関連も深い中国との関係も同様に重要視していく。

 −−昨年の衆院選マニフェストで修正すべきだと思う点は。

 経済的状況としてリーマン・ショックがあり、税収が大きく下がった。思ったほどのスピードで実現ができなかった。これからも制度変更や、組織変更などを伴う努力を行う。

 −−小沢一郎前民主党幹事長とは代表選に絡んで話はできたか。小沢さんに近い人たちを党役員、主要閣僚に起用する考えは。

 小沢氏は、03年に私が代表のときに自由党党首で、話し合って民由合併を決めた。そのことが民主党をより強くし、政権交代にまでつなげていく大きな力になった。そういう中で時折、小沢氏とは話をする機会もあるが、今回、私が立候補の決意を固めて、小沢氏には、昨日の段階、今日の段階でも、ごあいさつにうかがいたいと申し上げているが、まだ小沢氏の方から、いつであればいいという連絡をいただけていない。

 −−小沢さんを要職に起用するかどうかは。

 鳩山首相は、政治とカネの問題で自らの問題もあって辞職する。同時に小沢氏についても問題があったので、話し合って辞職することになったと話をされていた。鳩山代表の思いを大事にしなければならない。もちろん時間の長さということはあるが、少なくとも昨日、鳩山首相の辞意表明があったから、小沢氏についても国民の不信を招いたことについて、少なくともしばらくは静かにしていただいた方が、ご本人にとっても、民主党にとっても、日本の政治にとっても、いいのではないかと考えている。

 −−財政健全化、消費税を含んだ税制抜本改革については。

 経済成長と財政再建。そして社会保障の分野、特に介護保育分野は、成長分野だ。方向性を間違わなければ、間違いなく日本経済は立て直していく。財政健全化もなかなか大変な課題だが、一朝一夕にできるとまでは言わないが、少なくとも今までのような無限に借金が増えるような方向性をただしていくことができると思う。

 −−自民党政権で首相が辞めたとき、野党時代の民主党は「国民に信を問うべきだ」と批判した。早期に衆院解散する考えはあるか。

 首相が代わったときにある段階で信を問うことは一つの考え方だが、まだ民主党政権はスタートを切ったばかりだ。どの程度の時期になるかまでは申し上げにくいが、少なくとも例えばもう一度予算を組むとか、いくつかの政策を実行するとか、そういうことまではしっかりとやっていっても、国民に理解してもらえるるのではないか。参院選もある。大変、厳しい状況にあったから、こうした新しい状況でも楽観できると思わないが、少なくとも新たな首相が選ばれたとき、その首相のもとで戦われる参院選も国民の政権に対する一つの審判だから、それも踏まえて、先ほど申し上げたことも踏まえて、その段階で考えていきたい。

【関連ニュース
民主代表選:菅氏、3日夕に出馬会見 樽床氏も立候補へ
民主代表選:4日にも新内閣誕生 菅氏有力、枝野氏ら支持
民主代表選:菅氏つかず離れず 小沢氏と連携慎重
民主代表選:菅副総理が出馬の意向示す
鳩山首相辞任:後継選びは菅氏が軸に

<宇佐神宮大楠>「EXILE」のUSAさん祈願 アルバム大ヒットで参拝急増(毎日新聞)
「岡本ホテル」 預託金数億円が使途不明 出資法違反容疑で捜索(産経新聞)
シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
通り魔事件で男性無罪 被害者証言疑問、面割り捜査を批判(産経新聞)
民主参院に首相退陣要求強まる、小沢氏と再会談へ(読売新聞)

勝間和代さんが接触事故 タクシーに衝突される(スポーツ報知)

 公認会計士で経済評論家の勝間和代さん(41)が、18日に都内で自動車を運転中に、交通事故に遭っていたことが21日、分かった。

 警視庁愛宕署によると、事故が起きたのは、18日午後1時過ぎ。港区新橋6丁目の交差点で、勝間さんの運転する車が右折した際に、50代の男性が運転する対向車線走行中のタクシーが、左折しようとして、勝間さんの車の左後方にぶつかった。ともに、車には運転者1人だけしか乗っていなかった。勝間さんの車は後部バンパー、タクシーは右前方を破損。ともに、けがはなかった。

 勝間さんは、自転車活用推進協会が選考する「自転車名人」の3代目(初代は故・忌野清志郎さん、2代目は俳優・鶴見辰吾)に選ばれるなど、生活に自転車を取り入れていることで知られる。都内の移動は、ほとんど自転車を利用していると発言したこともある。今回は、たまたま自動車移動だったのか、数少ない?運転中に事故に遭う残念な結果に。事故が明らかになった21日夕、インターネット上のつぶやき投稿サイト・ツイッター上に、「みなさま、ご心配をおかけしました。双方とも、まったくけがはありません」と、書き込んでいる。

 【関連記事】
公認会計士 経済評論家 勝間和代 調べる

事業仕分け 電気メーター検査 民間参入促す(産経新聞)
電波法違反容疑、男を逮捕=海保周波数で無線流す―大阪府警など(時事通信)
専門看護師の在り方などで議論−文科省検討会(医療介護CBニュース)
自民なおゴタゴタ 党本部VS宮城県連に発展 谷川氏が暗躍か…(産経新聞)
母親の内縁夫の初公判は7月23日 西淀川女児遺棄致死事件(産経新聞)

「医療? 介護?」、保険適用に訪問看護師が混乱(医療介護CBニュース)

 全国訪問看護事業協会は4月22日、今年度診療報酬改定で健康保険法上の「厚生労働大臣の定める疾病等」に加わった5疾病について、保険適用条件を周知した。介護保険が利用できる対象者には、介護保険が優先されるという内容。医療保険と介護保険のどちらが適用されるかで混乱した訪問看護師などの問い合わせに対応した。

 同協会によると、ライソゾーム病、副腎白質ジストロフィー、脊髄性筋萎縮症、球脊髄性筋萎縮症、慢性炎症性脱髄性多発神経炎の5疾病について、「医療保険が適用されると考える現場からの問い合わせがあったため、会員に向けて周知する必要があった」という。


【関連記事】
次期改定に向けた検討など今年度の活動計画を承認−看保連
看護管理学会が都内で緊急フォーラム
「根拠に基づく診療報酬体系を」―三保連シンポ
看護師による在宅療養指導への評価を―看保連が要望書
提案技術の収集作業を本格化へ―次回改定にらみ看保連

シルク博物館でペルシャ絨毯展、イラン国外で初展示品も(産経新聞)
<新党改革>6人で旗揚げ 政策・理念先送り(毎日新聞)
新規事業でサービス向上=斎藤日本郵政社長(時事通信)
事故直前の電話…がん闘病、亡き息子の笑顔が支え JR福知山線脱線5年(産経新聞)
あしなが募金 遺児の進学・就職率ダウン(毎日新聞)

米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)

 横浜市中区の山下公園にある童謡「赤い靴」の「赤い靴はいてた女の子」像と同様の像が、市と姉妹都市の米国カリフォルニア州サンディエゴ市に建てられることが決まった。山下公園の像設置から昨年で30年、両市が姉妹都市関係を結んで50周年となったことを記念して、公園の像を管理する「赤い靴記念文化事業団」が企画。6月27日に除幕式が行われる予定。
 「異人さんに連れられていっちゃったのに、なぜここにいるの」。外国に建てるきっかけは、同事業団の松永春団長が1979年に受けた少女からの一本の電話。松永さんは「異人さんの国にいなければおかしい」との思いを30年持ち続けた。これまで外国に設置する活動を続け、今回姉妹都市への設置が実現した。
 銅製の像は、座っている横浜の像と違い立像で、高さは台座を含むと約180メートル。市内で活動する「赤い靴ジュニアコーラス隊」の少女をモデルに、セーラー服を着用し、横浜の市花「バラ」とサンディエゴの市花「カーネーション」を両手で持つ。山下公園に似たシェルターアイランドという海辺の公園に設置される予定。 

【関連ニュース
〔地域の情報〕古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市
〔地域の情報〕天平衣装で平城宮を散策=奈良
〔地域の情報〕新開発の「甘とろ豚」発売=愛媛
〔地域の情報〕こちらのシャトルは現役続行=北九州市
〔地域の情報〕梅の花、花見席でもてなし=山形

拳銃使用適正?男性死亡事件、警官2人を審判に(読売新聞)
ネット選挙 参院選解禁で一致 与野党、あす協議機関設置(産経新聞)
CG使って平等院鳳凰堂の内部再現(産経新聞)
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断(産経新聞)
事業仕分け第2弾、151事業が対象に(読売新聞)

<天皇、皇后両陛下>宝塚歌劇を鑑賞(毎日新聞)

 天皇、皇后両陛下は13日、東京宝塚劇場(東京都千代田区)を訪れ、宝塚歌劇雪組公演「ソルフェリーノの夜明け−アンリー・デュナンの生涯−」を鑑賞した。天皇陛下が宝塚歌劇を鑑賞するのは皇太子時代の1958年以来、皇后さまは05年以来。

 作品は、赤十字を創設したスイス人の実業家アンリー・デュナンの生涯をミュージカル化したもので、水夏希さん、愛原実花さんらが出演。両陛下は約1時間半にわたって華やかな舞台に見入り盛んに拍手を送った。

<ニュース1週間>井上ひさしさんが死去/ポーランド大統領搭乗機が墜落(毎日新聞)
<大極殿>復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
<成田貨物機炎上>原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
沖縄の負担、国民が分担を=普天間問題で鳩山首相(時事通信)
<ノリタケ子会社>元社員が横領認める 名古屋地裁初公判(毎日新聞)

<ISS>宇宙で避難騒ぎ 煙感知器誤作動(毎日新聞)

 【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】山崎直子飛行士(39)、野口聡一飛行士(44)が滞在中の国際宇宙ステーション(ISS)で、米中部時間10日午前0時半(日本時間同日午後2時半)ごろ、煙感知器が作動し、乗組員が避難準備をする騒ぎがあった。

 米航空宇宙局(NASA)によると、ロシアのズベズダモジュールにある煙感知器が作動。ISSのオレッグ・コトフ船長が調べたところ、空気清浄フィルターを掃除した時に感知器が誤作動したことが分かった。

 山崎さんはドッキング中の「ディスカバリー」、野口さんは緊急避難用のソユーズ宇宙船に移動する準備をしたが、実際の避難には至らなかったという。

【関連ニュース
宇宙飛行士候補:訓練中の3人が会見「すぐ行きたい」
山崎直子飛行士:巨大コンテナ取り付け作業開始
山崎直子飛行士:野口飛行士との画像 「きぼう」で撮影
山崎直子飛行士:長女の選曲で最初の朝
山崎直子飛行士:ISSが日本海上空を通過

新党、「平沼党首」で合意…10日に結成(読売新聞)
<皇室>愛子さま、学習院初等科3年に進級 始業式は欠席(毎日新聞)
<将棋>羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局(毎日新聞)
<シカ被害>山林食害は古着で撃退 山梨の農家(毎日新聞)
<御柱祭り>神事中に柱倒れる 氏子4人死傷 長野・千曲(毎日新聞)

海砂違法採取、1億2千万円脱税か…佐賀の業者(読売新聞)

 佐賀唐津市沖の玄界灘の海底から採取した海砂の売り上げを隠し、3年間で法人税約1億2000万円を脱税したとして、福岡国税局が、同市の海砂採取業者「唐津湾海区砂採取協同組合」(三浦睦雄代表理事)と、同組合経理担当の三浦光則総務部長を法人税法違反の疑いで、佐賀地検に告発したことがわかった。

 脱税額には県が認可した採取量を超えた売り上げ分も含まれており、同組合が海砂を違法に超過採取していたことが明らかになった。

 関係者によると、唐津湾海区砂採取協同組合や三浦総務部長は、2006〜08年3月期までの3年間で、県から認可を受けて採取した海砂の売り上げの一部と、認可量を超えて違法採取した分の売り上げを申告せず、約5億8000万円の所得を隠し、法人税約1億2000万円を脱税した疑いが持たれている。福岡国税局は昨年2月、同組合などを家宅捜索していた。

 同組合は、唐津市内の砂採取業者4社が玄界灘の海砂を共同で採取することを目的に1969年に設立され、佐賀県で唯一、海砂採取を認可されている。組合にはその後、同市内の1社が加わり、現在は5社で売り上げを分配している。

 県によると、認可量は毎年度130万立方メートル。今回告発された期間に組合が県に報告した採取量は、延べ6か所の採取区域で05年度132万立方メートル、06年度136万立方メートル、07年度137万立方メートル。ただ04年度は118万立方メートル、08年度は115万立方メートルとなっており、県は「複数年度でみれば認可量に収まり問題ではない」としている。

 しかし、同国税局が告発した脱税額は、組合が県に報告したこれらの採取量にとどまらず、認可量を超えた違法採取分を含んでいる。押収した帳簿などから確認したとみられる。海砂を巡っては、これまで県に「組合は違法に採取している」との情報が度々寄せられていた。

 同組合は07年、認可区域外で違法採取したとして、法人としての組合と採取船の船長が砂利採取法違反で唐津海上保安部に書類送検され、それぞれ罰金50万円の略式命令を受けた。県も採取を1か月禁止した。

 帝国データバンクによると、同組合の従業員は46人で、09年3月期の売上高は約18億3000万円。業者側は否定 読売新聞の取材に対し、三浦代表理事は「違法採取はしていない。脱税の意図もない。帳簿上のミスはあるかもしれない」と話している。

構造計算偽装 大阪の建築士 他に119物件担当 (毎日新聞)
<名張毒ぶどう酒事件>84歳の奥西死刑囚「後がない」(毎日新聞)
【日本の議論】永住外国人が急増する背景とその実態(産経新聞)
<火災>アパート全焼、焼け跡から2遺体 相模原(毎日新聞)
パンダの良浜、おめでた?ベビー今夏誕生に期待(読売新聞)

<ケアベア>福岡に特設コーナー…米国生まれの人気キャラ(毎日新聞)

 アメリカで誕生し日本でも人気を集めているキャラクター「ケアベア」の特設コーナーが3日、福岡市中央区天神の福岡パルコにオープンした。25日まで。

 九州初上陸。ぬいぐるみやTシャツなどのグッズ販売、80年代に誕生してからの歴史が分かるパネルや原画の展示のほか、着ぐるみと記念撮影もできる。

 全46種類で今回桜をイメージしたケアベアのぬいぐるみも新登場。3月のオープン以来毎週末行列ができる同店も「このまま満開状態を持続させたい」【関谷俊介】

バス運転手、心臓発作か=児童らけが14人に−大阪府警(時事通信)
<サントリー音楽賞>09年度は指揮者の大野和士さんに(毎日新聞)
アフガン邦人記者不明「誘拐は承知」官房長官(読売新聞)
悪質ファンドを徹底摘発へ 警視庁が集中取締本部を設置(産経新聞)
伊調千春さん 故郷・青森の高校教諭に(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。